日々の移り変わりと備忘録↓ユーフォラジアと読みます。通称ゴルでございます。モットーは Fluctuat nec mergitur たゆたえども沈まず。


by euphorasia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自作リモートレリーズ

先日、定期的にお仕事をさせて貰っている劇団のゲネプロの写真を撮りに。
今回からデジタルでも良いよと言うことなのでついにフィルムのEOSがお蔵入りになりそうな予感。
今回は研究生の修了講演とのこと2班に分けて撮影。第一日目。最後のダンスが思ったより早く動くので固定していたシャッターでは若干ぶれが目立つ。そして、思い立ったのがリモートレリーズ。価格を調べたのだがキャノン純正、UN社製共に気軽に買う値段では無いのでう〜ん。と、考えていた矢先、
カメラマンの湯浅氏のブログを思い出し、ヤフオクで落としたストロボのリモート発行装置をちょいちょいといじりながら出来たのがこれ。
b0128294_1656676.jpg





こういった手の工作はあまりやったことがなかったので30分くらいして繋がらなかったときには「シャッターと受信機無駄にしたー!涙」と落ち込みましたが結局コードの結線を間違っていただけでそれから15分後に完成。早速翌日試してみることに。

うんうん、まぁまぁ上出来かな。ただ、この機種だと受信角度が狭い感じがしたのとシャッター専用になってしまう。デザインがイマイチ。やっぱりMicroSyncの方がお値段は高いけど使えるかな、との結論に。ドルが安い今、合同輸入誰か仕掛けてくれないかな〜(笑)

セッティング他テストをしながら気がついたこと。送信機のボタンを押さなくてもカメラのホットシューに繋げば同じ瞬間に二つ(システムを増やせば多角度から)のアングルから撮影できるではないか!!
b0128294_178049.jpg

ちなみに奥にちっちゃく光ってるのがリモートのカメラの画面。

で今回は
EOS20D EF17-35 F2.8(リモート用)
EOS Kiss EF24-70 F2.8(肩からぶら下げ)
EOS 40D EF70-200F2.8(三脚)
で望みました。
本当はKissの方をリモートにしようと思っていたのですがレリーズの接点が合わず20Dに装着。こっちの方はぶれないようにISO1600 で1/250 F3.5に固定。途中で照明が変わるのでRAWで撮影。
で写真の左側がリモート側。右側が上方からKISSで撮影したもの。
b0128294_1719712.jpg


これでデジタルの撮影が続くことになれば一人で撮影するデメリットが削減出来る事がわかった。が、どうしてもメモリーカードを交換する時間が無く一枚で一発勝負は怖いです。
[PR]
by euphorasia | 2008-04-03 17:26 | 機材 Equipment