日々の移り変わりと備忘録↓ユーフォラジアと読みます。通称ゴルでございます。モットーは Fluctuat nec mergitur たゆたえども沈まず。


by euphorasia
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ロールレフのお話

先日SNSの中で話題になっていたロールレフのお話。
「kingとサンテックのロールレフってどう違うのですか?」
とトピックがたっていたのでヨドバシにバックペーパーを注文しに行ったついでに調べてみました。
僕は基本大きめの5色丸レフを使い、レフよりはディフューズさせて使うことが多いのであまりロールレフに興味はなかったのですが、頑丈、風に強い、クランプ等固定が楽、折りたたむとコンパクトと言う利点があるらしいのですが、反面重い、丸レフに比べて準備に時間がかかる、色が少ないなどあります。

さて、



比較対象として、銀、白両面使えるサンテックSPロールレフ2形(1形はシルバーの裏面がキャンバス生地のようなもの)とking社のロールレフ(角形)折りたたみ式の比較です。
まず、90x120のサイズで
サンテック26,250円 1,850g
king 22,575円 1,820g

スタジオショップや玄光社などのサイトではサンテック社製のものを売っているのでサンテック社製のものが客観的にみて信頼があるように思えますが、

b0128294_1942974.jpg

サンテック社製のロールレフの白面

b0128294_19453352.jpg

こちらがシルバーの面

b0128294_19462087.jpg

さて、king社の白面ですが裏からのシルバーが白にかかってます。こちらのシルバーは凹凸があり、反射も強そうですが、白面にシルバーの部分が来てしまっているのは個人的にどうかと思います。

フレームに関してはサンテック社がシルバー。king社がブラック。組み立てはしてませんが、店員さんの話によると
「あまりに同じなので問い合わせたら製造元は違うらしいんですよ」
と笑って説明してくれたので恐らく、違うのは色だけでしょう。直射日光で暑くなってレフのビニールに変化を及ぼさなければ
kingのフレームに、サンテックのレフを取り付られれば最高の組み合わせかと思います。単品だったら僕はサンテックに一票ですね♪

他にフラッグフレーム(自作)とか色々ありますが、今回はロールレフのみのお話でした。
[PR]
by euphorasia | 2008-05-22 19:58 | 機材 Equipment