日々の移り変わりと備忘録↓ユーフォラジアと読みます。通称ゴルでございます。モットーは Fluctuat nec mergitur たゆたえども沈まず。


by euphorasia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

相性の問題?〜カードリーダ〜

先日、とあるイベントの写真を撮っていたときの話。
今回はイベント終了後にセレクトした写真を納品するとのことで、JPG撮影でライトルーム取り込み&セレクトで対応しようと思っていたのだが、出演者が多い事もあり当日の話し合いで

各アーティスト終了後にデータをAさんに渡し、それをBさんが取り込み、Aさんが各マネージャーを呼びに行ってBさんが取り込んだデータをマネージャーさんとセレクトして、Aさんがまた、取り込み終わったデータを持って僕の元に来てまた新しいデータを持って行く・・・・

の繰り返しだったのですが、
2番目の出演者が終わりの時に取り終わったデータを渡そうとAさんに駆け寄った瞬間に言われた一言





「最初の取り込もうとしたらカードリーダが壊れました!」
・・・・・・・
え・・・・・?
え〜〜!!!!

この日使っていたのはエレコムのカードリーダ。前日に予備用として買ったものだ。普段はサンワのものを使っているのだが、ヨドバシで売ってるもので公称で8Gに対応しているものがサンワ製では売っていなかったのでエレコムにしたのだった。

当日、早速使ってみようと思ったらサンワと差し込む面が逆で(後で調べたらエレコム、バッファローはサンワと逆。)しかも遊びが全くない。これはこれで気を付けてれば大丈夫かと思っていたのだが、急遽、決まったデータのやりとりの方法で助っ人に付けて貰ったBさんはMac初めて、PCもそんなにと言う人だったので、何回かシュミレーションしてとりあえず大丈夫だと思っていた矢先、CFスロットのピンがぐんにゃり!しょっぱなからやらかしてしまったようです(泣)
結局もう一つ持って行ったもので対応。最初のデータも消えずに事なきを得ましたが、僕とBさん含め今回のカードリーダは相性が悪かったようです。たまたまだったのかもしれませんが、本番でこういうような事故が起こると途端にそこのメーカーのイメージが自分の中で崩れていきます。

ちなみに、Bさんの為のワークフローとして
取ったデータを「元画像」→「各アーティスト元画像」のフォルダに各自取り込み、
プレビューで確認しながら
「OK」→「各アーティストOK」
にコピーしていく方法にしました。

で、その後は特に問題もなく終わったのですが、AさんBさんに感謝!!今回は振り返ってみて、2台のカメラをしょって撮影だったのですが、あまり操作慣れしていない人に画像を取り込み、セレクト処理をしてもらう事になったので、一枚のカードで2台のボディを使い回して撮影したのが、非常に面倒でした。

あまりこういう撮影方法になることは無いと思うのですが、前もってわかっていればワイヤレストランスミッター借りておけば良かったのかも。ちょっと調べて見た感じではレンタルしてなさそう。誰かお試しで貸してください♪高いし、互換性がないし何とも余裕がないと買えない一品です。

で、早速ヨドバシに行って事情を説明、結局、サンワのものと交換して貰いました。よくよく考えるとフラッシュメモリもサンワなので僕はサンワの製品と相性が良いのだろうか、はたまたただ単に秀逸なのかはわからない。

出来ればFireWire接続のリーダも試して見たいのだけど結構するんだなこれが。

この日の総撮影枚数は2200枚でした。次の日望遠レンズ振り回したせいか腕が筋肉痛になってました(汗)
[PR]
by euphorasia | 2008-05-29 20:29 | 機材 Equipment